モーツァルトも演奏したウィーン最古のカフェ フラウエンフーバー

田舎から義理のお母さんがウィーンに遊びに来たので、家族でウィーン観光をしてきました。

レストランで昼食を食べ終わって、さあ次はカフェハウスで甘いものだね、となった時、ウィーンって選択肢が多くてすごく迷ってしまうんですよね~。

なにせ「ウィーンはカフェの周りにできた街だ」って言われちゃうくらいカフェハウスが多いんですから。

お義母さんのリクエストは「ウィーンの伝統的なカフェハウスでありながら、混んでなくてすぐ座れるところ!」

またまた、そんな難題を、、うーん、とわたしが頭をひねって思いついたのは。。。

スポンサーリンク




ウィーンで最古のカフェ「Frauenhuber」

伝統的、ということではウィーンのどこのカフェにも負けないカフェ・レストラン「Frauenhuber」(フラウエンフーバー)

なにせ、フラウエンフーバーはウィーン最古のカフェハウスなんですから!

フラウエンフーバーの入口の壁にはこのような石板がはってあります。

訳すと、

「1788年に、ここでマリア・テレジアの料理人フランツ・ヨーンが有名なコンサートなどもが行われた高級レストランを開きました。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは1788年にこでヘンデルのパストラーレを、ルードヴィック・フォン・ベートーヴェンは1797年に4つの管楽器とピアノフォルテのための5重奏を演奏しました。
と書いてあります!
モーツァルトとベートーヴェンといえば、小学校の音楽室に肖像画が飾ってあった、あの人ですよね!そんな人たちが、実際に演奏したカフェがまだ残ってるとか、ウィーンすごすぎです。日本で言ったら、江戸時代の茶屋が今でも茶屋みたいな感じですよね~。あるのかな、そんなところ。

スポンサーリンク




フラウエンフーバーの内部

入った瞬間、小さいカフェなのかな?と思いきや、中は結構広いです。
テーブルは全部で38席
なんとホームページから予約も可能
歴史は古いカフェだけど、システムは革新的ですね。

今まで何度か行って、座れなかったことはないので特に予約することもないと思いますが、待ち時間なく確実に座りたいのならば、ネット予約していくといいかもしれませんね。

さて、ケーキのメニューを見てみようとメニューを開いてみると、、、

あ。。ほとんどない。。。

スポンサーリンク

うーん、しまった!このお店、ケーキのメニューが少なくてザッハートルテ(チョコレートケーキ)とハウストルテ(自家製ケーキ。ちなみにケシの実のケーキです)、それからアプフェルシュトゥルーデル(アップルパイ)くらいしかないみたい。

じゃあこれにしよう、と私たちが注文したのはウィーン名物ザッハートルテ。

たのんだら、待つことなくすぐ運ばれてきました。

はっ、、!

追加でたのんだ生クリームが、ザッハートルテの上にでろ~んと乗っている、、!

これはデザイン的に新しい、、。というか多分失敗作!(爆笑)
普通はケーキの上にお花のような形で乗ってるか、横に添えてあるかなんですが。

伝統の店は、インスタ映えなんて狙わない!(笑)。

ちなみにこの生クリーム。ウィーンでケーキを食べる時、よく合わせて注文されるものです。
と、いうのはザッハートルテなどのオーストリアのケーキはとても甘いから。生クリームはケーキを甘さを和らげるのにピッタリなんです。

え?生クリームのほうが甘くない?!と思われるかもしれませんが、ウィーンでは生クリームはお砂糖を入れて泡立てないため、全く甘くないんです。

甘いザッハートルテと生クリームを一緒に口に入れると、ケーキの甘さが口の中で中和されてちょうどいい感じになるので、ザッハートルテを注文するときは「生クリーム付き」がお勧めです。

「Mit Schlagobers(ミット・シュラークオーバース)」(生クリーム付きで)

と言って注文すると通じますからね!

お義母さんは食べるなり、

「あら~。ちょっとパサパサしてるわね~。近所のハインリッヒさんとこの奥さんのザッハートルテの方がしっとりしてて美味しいわあー。」

と、ウィーン最古のカフェの伝統ザッハートルテをバッサリ斬っておりました。(笑)

すごいのは私のお義母さんでしょうか、ハインリッヒさんとこの奥さんでしょうか。

姑最強説はインターナショナルだということを思い知った日でした。

フラウエンフーバーでウィーンの古き良きカフェ体験を

お義母さんにはバッサリ斬られていましたが、フラウエンフーバーの白黒の映画に出てきそうな古いカフェは体験してみる価値があり。

このカフェでお客さんは、未だに蝶ネクタイをしたウェイターに「だんな様(Gnädiger Herr(グネーディガー・ヘア)」「奥様(Gnädige Frau(グネーディゲ・フラウ)」と呼ばれ恭しく扱われます。

ベビーカー押して子連れで行ってもそんな風に恭しく扱ってくれるので、一瞬執事カフェに来ちゃったかのようなラグジュアリーな気持ちになっちゃいますよ(笑)。

そんな古き良きウィーンのカフェの雰囲気、フラウエンフーバーで是非味わってみてくださいね。

Cafe Restaurant Frauenhuber

住所:Himmelpfortgasse 6, 1010 Wien
電話番号:+43 1 5125353
開店時間:月曜日から土曜日8:00~23:00 土曜日 10:00~22:00
アクセス:地下鉄1号線/3号線 Stephansplatz駅から徒歩5分

スポンサーリンク




スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。