サラエボ事件の車の展示も!ウィーン軍事史博物館 

スポンサーリンク

今回はウィーンに観光に来る方で訪れる方は結構少ないのでは、というレアな博物館のご紹介です。

それはウィーンの軍事史博物館(Heeresgeschichtliches Museum(ヘーレスゲシヒトリヒェス・ムゼウム))

えー、、軍事史かー。。ちょっと興味ないなー。。という方。
あのサラエボ事件で狙撃された車がここにあるって言ったらどうですか?

ちょっと興味出てきませんでしたか?

今回はウィーンの軍事史博物館に行ってきた時のことをレポートしてみようと思います。

スポンサーリンク




ウィーンの軍事史博物館の行きかた

ウィーンの軍事史博物館はちょっとわかりづらい場所にあるのですが、公共交通機関でアクセス可能です。

詳しい場所はホームページの地図を参考にしてみてください。

https://www.hgm.at/museum/kontakt-anfahrt.html

市電なら18番のHeinlich-Drimmel-Platz、バスなら69AのArsenalが一番近いのですが、市電やバスに乗るのが不安な人は地下鉄1号線のHauptbahnhof-Südtirolerplatzからも徒歩で行くことができます。

スポンサーリンク




ウィーン軍事史博物館外観

さて、やってきましたウィーン軍事史博物館。
お、大きい!
ものすごく重厚な建物です。

ん?なんか壁の下の方に並んでいるのは、まさか。。。。

わ!やっぱり大砲だ!

戦闘機もある!
ミュージアムに入る前から、展示は始まっているようです。

ウィーン軍事史博物館の料金

軍事博物館を入館すると美しい玄関ホールが私たちを迎えてくれます。
ちなみにこのホール、最高司令官ホールという名前がついています。
なんだか中二心をくすぐられる名前かも(笑)。

このホールにチケット売り場があるので、入場券を購入しましょう。
値段は、

大人 7ユーロ
学生(26歳まで)シニア(60歳以上) 5ユーロ
子ども(19歳未満) 無料

です。

また、各月の第一日曜日は入場が無料になります!
運よく第一日曜日にウィーンに滞在されている方は訪問要検討ですね!

それでは早速展示を見に行きましょう。

ウィーン軍事史博物館の内部

チケットボックスのあるエントランスホールで、無料のコインロッカーにリュックザックなどの大きい荷物は預けましょう。

持ったまま入館してしまうと預けに戻るように注意されてしまうので要注意!

エントランスホールを入ってすぐ右側が、サラエボ事件に関する展示がある部屋です。

こちらが1914年、オーストリア皇太子夫妻が暗殺された際に乗っていた車。

ものすごく間近でみられちゃうんですよー。(汗)
良く見てみると。。。

スポンサーリンク

弾丸の後もくっきり!!
車の近くには、サラエボ事件の際にオーストリアの皇太子が身に着けていた衣服も展示されています。

この事件をきっかけに世界は第一次世界大戦に突入していったんですよね。。

戦争を経験したことのない私にとっては、第一次世界大戦は教科書の中の事件のような感覚だったのですが、こうやってその歴史の目撃者を目の当たりにすると、急にその事件が現実味を帯びてきます。

必見の展示なので、この博物館を訪れる機会があれば見逃さないようにしましょう。

この部屋の奥には第一次世界大戦に関する展示があります。

。。ってきくと、ふーん、そう。って思うだけだと思うんですけど、見てください!

その展示の規模が、なんか半端ないんですよー。

こんな巨大な大砲とか

プロペラの戦闘機!

とにかく大迫力です。

一階をみるだけでもうお腹いっぱいになってしまうかもしれませんが、元気があれば二階も是非見学してみましょう。

エントランスホールの大階段を上ったその先は、大きなホールになっています。(ちなみにエレベーターも完備です。)

ウィーンの博物館にありがちなんですけど、ウィーンの軍事史博物館って別に展示物にあまり興味がない人でも、建築に興味があればそれだけでもう楽しめてしまう場所の一つなんじゃないかと思います。

だって屋根がこれだよ?

建物自体が芸術作品ですよねー。。。。

この2階のホールの先は、広々とした展示室で甲冑や武器の展示などを見ることができます。

間近で見ると怖い。。。こんなんで戦っていた時代があったのか。。。

ちなみにこのウィーンの軍事史博物館ですが、とても独特なクリスマスマーケットを行うことでも有名です。

ここのクリスマスマーケットは関係者がみんな中世のコスプレで迎えてくれるので、中世のクリスマスマーケットなんて呼ばれたりしているんです。

普通のクリスマスマーケットが11月の半ばからクリスマス直前まで約1か月続くのに対して、軍事史博物館の中世のクリスマスマーケット開催時期はとても短いのですが、中世の衣装に身を包んだ人たちがそぞろ歩き、中世の音楽が奏でられる独特のクリスマスマーケットは、まるで映画の世界に迷い込んでしまったような錯覚を起こさせます。

もしもクリスマス前の時期に偶然ウィーンを訪れることがあれば、是非是非チェックしてみてください!

Heeresgeschichtliches Museum

住所:Arsenal, Objekt 1 Ghegastraße 1030 Wien
電話:+43 (1) 79561-0
開館時間:毎日9:00-17:00
1月1日、イースターの日曜日、5月1日、11月1日、12月25、26日は休館。12月24日は14時まで休館
ホームページ:https://www.hgm.at/

スポンサーリンク




スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。