インペリアルカフェ 憧れのホテルカフェで優雅なひと時 

スポンサーリンク

ウィーン市内にはたくさんのカフェがあるので、滞在日数が多くない場合どのカフェを訪れればよいか、迷ってしまいますよね。

もしもウィーンで優雅な雰囲気を味わいたくて、尚且つ美味しいケーキが食べたいのならば、わたしのお勧めはImperial Cafe(インペリアル・カフェ)!

名前からして高級感あふれるこのカフェは、Imperialhotel(インペリアルホテル)というホテルの中に入っているエレガントなホテルカフェです。

今回は、インペリアル・カフェを訪れた体験記をお届けします。

スポンサーリンク




インペリアル・カフェの行き方

インペリアル・カフェは街の中心地にあるので、とっても訪れやすいカフェです。
地下鉄1号線/2号線/4号線が通る、Karlsplatz(カールスプラッツ)駅のすぐ近くです。この駅の近くには楽友協会や国立歌劇場、カールス教会など、観光名所がたくさんあるので、ウィーンに観光に来たのならば必ず利用する駅になるでしょう。
インペリアル・カフェが入っているインペリアル・ホテルは、楽友協会のすぐ裏手、リンクという大通りに面した場所に位置していますよ。

インペリアル・カフェの極上スイーツ

インペリアル・カフェを訪れるのならば、是非是非試さなければならないのが、宝石のようなスイーツです。

いや、もう見てくださいよ、このショーケース。

ヤバいでしょ!?
ケーキが語りかけてくるでしょ?「私を食べて」って!

インペリアル・カフェのケーキはどれもおいしいんですけど、わたしの一押しはこちらのケーキ。

Himbeer-Schokolandetörtchen(ヒンベーア・ショコラ―デンテルトヒェン)、5,5ユーロ(約600円)なり。

もうねー。これ、見た目もヤバいんですけど、味もヤバいんですよ。

ふわっふわの濃厚チョコレートムースと、甘酸っぱい木苺のハーモニーが。。

しばらく現実の世界に帰って来れなくなる美味しさです。

あとはこれもお勧め。

こちらはMascarponetörtchen(マスカルポーネテルトヒェン)。こちらも5,5ユーロなり。
マスカルポーネクリームとモカが相性抜群!
ティラミスに近い味です。

お花の飾られた優雅なテーブルを上から撮ってみました。
はあー、幸せの瞬間です。

スポンサーリンク




スイーツ以外にも美味しいものがたくさん

インペリアル・カフェでは、カフェといえど肉料理や魚料理、ベジタリアン料理など本格的なお料理も食べることができます。

スポンサーリンク

お勧めはオリジナル・ヴィーナーシュニッツェル。28ユーロとかなりお高めですが、(汗)サクサクの衣にバターの味がじゅわっと広がって、とても美味しいです。

もちろんサンドイッチ(8ユーロ~)やソーセージ(12ユーロ)、各種サラダ(20ユーロ前後)、スープ(7ユーロ~)などの軽食も充実。

カフェ・インペリアルを訪れた有名人

カフェ・インペリアルは1873年から続く、老舗カフェ。
多くの芸術家や作家、音楽家たちに愛されました。

例えば、アントン・ブルックナー(Anton Bruckner)という作曲家は、ここでいつもグーグルフプフ(Gugelhupf)というマーブル模様のケーキを食べていたそうです。

作家のペーター・アルテンブルク(Peter Altenbug)と、作曲家のフーゴ・ヴォルフ(Hugo Wolf)は、いつも一杯のコーヒーを飲むためにここに立ち寄りましたし、精神医学者のジークムント・フロイト(Siegmund Freud)も自分の研究のインスピレーションを呼び起こそうと、ここでコーヒーを飲んだそうです。

作家フーゴ・フォン・ホフマンシュタール(Hugo von Hofmannsthal)、フランツ・ヴェルフェル(Franz Werfel)、エリアス・カネッティ(Elias Canetti)、そしてステファン・ツヴァイク(Stefan Zweig )は、このカフェに長居するのが好きでした。

ウィーン楽友協会の裏手、またウィーン国立歌劇場からとても近い立地とだけあって、偉大な作曲家、アーノルド・シェーンベルク( Arnold Schönberg)アルバン・ベルク(Alban Berg)、アントン・ウェーベルン(Anton Webern)、ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms)、グスタフ・マーラー(Gustav Mahler)とその妻アルマ・マーラー(Alma Mahler)も訪れたということです。

音楽や読書が好きな人たちには、その錚々たるメンバーに驚かれるのではないでしょうか?

カフェ・インペリアルの店内

カフェ・インペリアルの店内を見てみましょう。
数年前、綺麗にリニューアルされてからはずいぶんモダンなテイストの店内になりました。

店員さんは、めちゃくちゃ親切です。
このカフェに来ると、自分がお姫様のような気分にさえなってしまいます。

ウィーンのカフェによくある光景なんですが、新聞や雑誌がこうやっておいてあるんですよね。
英語版の新聞もありました。
なんか、「長居してくれていいんだよー」って言われてる感じがしてほっとしますよね。

インペリアル・カフェでお土産を買うならば

ウィーンのお土産と言えば、みなさんモーツァルトチョコレートやザッハートルテなんかを想像されると思うのですが、ちょっと違った物をプレゼントしたいな、なんて時はインペリアルカフェのインペリアルトルテ(Imperial Torte)なんてどうでしょう?

ザッハートルテに似たチョコレートケーキなのですが、高級感のある木箱に入って売っているので、大切な人のお土産にお勧めです。

まとめ

高級ホテルの高級カフェ「インペリアル・カフェ」。毎日23時までオープンしているので、コンサートやオペラのあとにも立ち寄ることができますよ。
是非インペリアル・カフェで優雅な気分を味わってみてください!

Imperial Cafe

住所: Kärntner Ring 16, 1010 Wien
電話: +43150110389
営業時間: 毎日7:00から23:00まで

スポンサーリンク




スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。